訪問着の着物を選ぶときのポイント

着物は洋服とは違い、着ていく場面や用途などによって適している種類が異なります。最近では和装をする機会が減ってしまっているので、結婚式や入学式、卒業式など節目の場面に使用することが多いものです。節目に利用するとすれば、訪問着が最も適した格となります。使用できる場面が多いだけでなく、上手に柄や色を選択すれば、年齢に関係なく着ていくことが出来るので、長期間にわたり使い続けることができます。良いものを選択すれば、親から子へと受け継ぐことも出来るので、しっかりと色々なものを比較検討して、自分に合ったデザインを選ぶと良いでしょう。和服は全体を覆うものなので、普段とは違った色や柄が似合うことも多いです。全体的なバランスをチェックすることが大切です。

ベースの色や柄を慎重に選択する

訪問着の場合、全体的に柄が入っているものも多いですが、使用用途を考えると柄が少ないものを選んだほうが良い場合もあります。あまり華やかになりすぎてしまうと、披露宴などには向いていますが、入学式や卒業式など、自分が脇役なる場合には不向きになってしまいます。少し柄が少ないものや、落ち着いた雰囲気のものを選んでおくと、より使用できる場面が広がります。さらにベースの色も、淡い色と濃い色で与える印象は異なります。初めて購入する場合や、色々な場面で着たいと考えている場合には、周りにも馴染みやすい淡い色のものを選択すると良いでしょう。柄は花柄の場合には通年で着られるような四季の花のものが良いでしょう。季節を象徴するような柄がメインのものは、着られる季節が限定されてしまいます。

帯と合わせたコーディネートを考える

着物を着るときに大切なのが、帯や帯締め、帯揚げなどの小物とのコーディネートです。特に帯は、同じ着物でも帯を変えるだけで雰囲気をガラッと変えることが出来るものです。年を重ねても着ることが出来るようにと、若いうちに落ち着いた雰囲気の訪問着を揃えた場合には、振袖で使っているような華やかな帯を合わせると、若々しい雰囲気にすることが出来ます。また、金や銀の糸をふんだんに使った帯を合わせると、より華やかな雰囲気になるので、晴れの場にふさわしい装いとなります。帯締めや帯揚げも、全体の雰囲気に合わせてコーディネートすると良いでしょう。持っている帯がある場合には、呉服店に行くときに持って行くと、コーディネートの相談に乗ってくれたり、顔合わせの時に使えるので良いでしょう。