訪問着の着物を購入する方法の紹介

着物には、着ていく場面や用途に合わせて、適した格があります。格の高いものであれば、結婚式などのかしこまった場面にも着ていくことができます。普段使い出来るものであれば、カジュアルな場面に使いやすく、また、コーディネートに遊び心を取り込むのも良いでしょう。和装を楽しむうえで、初めて着物を揃えたいと思っている人は訪問着がおすすめです。格式も高く、入学式や卒業式などの節目にも着ていくことが出来るので、着ていくことが出来る場面が多いのが特徴です。また、色や柄も豊富にあるので、自分に合ったデザインを選択することができます。格式の高いものなので、袋帯を合わせるのが一般的です。購入方法もいくつかあるので、自分に合った一着に出会えるように、探してみると良いでしょう。

初めては呉服店で相談して購入する

初めて訪問着を購入する時には、呉服店で相談しながら購入するのが最も安心して購入することが出来る方法です。和服は洋服とは異なり、サイズがありません。反物と言われる生地が店頭に並んでいて、その柄を見て自分に合ったサイズで仕立ててもらいます。そのため、店頭では反物にピンなどを使って、体に合わせて、柄や色の雰囲気を見ていきます。さらに、生地に合わせて裏地の色を決めたり、襦袢を合わせたりします。帯も同時にコーディネートをして決めておくと、トータルでまとまった雰囲気に仕上がりやすくなります。サイズを測ってもらい、自分に合わせて仕立ててもらうことで、着た時のフィット感や見た目の雰囲気が異なります。柄が最もきれいに出るように仕立ててもらえるので、見栄えが良くなります。

お得に購入するには中古品もおすすめ

普段使いや練習用などの目的で、お得に購入したいという場合には、中古品もおすすめです。洋服と異なり和服は流行りや廃りがないものなので、中古品であっても帯や小物の合わせ方を工夫するだけで今風の着こなしをすることができます。また、保管状態がきちんとしていれば、正絹で作られた着物は、柄や風合いが損なわれることもなく何年も使い続けることが出来ます。中古品の場合には、仕立て上がった状態なので、着丈や身幅が近いものを選ぶことが大切です。極端にサイズが合っていない場合には、仕立て直しをしたほうが良いでしょう。レトロな柄やブランドによっては中古品の方が価値のある場合もあるので、わざと中古品をチェックする人もいます。古くても価値のあるものがあるのは和服の特徴です。