訪問着の着物を着用するときに気をつけたいことなどの紹介

訪問着は、着物の中でも年齢や着ていく場面が幅広いものです。初めて和服を購入する場合などには、比較的使いやすい種類のものなのでおすすめです。柄や色も豊富で、好みに合わせたり、使用目的や着ていく場面に合わせて選ぶことが出来ます。格も略式礼装と高めのものなので、結婚式の披露宴や、子供の入学式や卒業式、七五三などのお祝い行事などにも適したものです。披露宴に適している華やかな柄のものから、付け下げのような雰囲気の落ち着いたものまで、柄の入り方にはそれぞれの特徴があります。年齢を重ねても着ることが出来るように、落ち着いた雰囲気のものをあつらえておくのも、経済的には良いでしょう。コーディネートによって雰囲気を大きく変えることが出来るのが和服の楽しみです。

格に合わせたコーディネートをする

着物は格に合わせて、帯や帯締め、帯揚げなどのコーディネートを考える必要があります。特に帯には、色々な種類があり、それぞれの格もあります。最も格が高いのが袋帯です。振袖などにも使うことが出来る帯で、全体が袋状になっています。名古屋帯は、よりカジュアルな装いをするときに用いられる帯で、格式の高い場面では使用できません。訪問着のように、略式礼装という格の高いものには袋帯を合わせることが一般的です。袋帯でも金糸や銀糸をふんだんに使用した、華やかなものを使うとより全体の雰囲気を明るく華やかにすることが出来ます。落ち着いた柄を選んだ場合には、若いうちには振袖にも使えるような華やかな帯を合わせると、若々しく華やかな雰囲気に仕上げることが出来るので、おすすめの方法です。

柄と紋の数で使用場面が変わります

訪問着の特徴は、その柄の美しさにあります。広げてみると、一枚の絵画のような絵柄が付いているのが特徴です。作り方としては、白い反物を仮縫いして、そこに色を染めていきます。そのため、縫い目をまたぐようにして絵柄が入るので、絵柄が途切れることが無くより壮大な絵柄になります。柄の量や、雰囲気によって華やかさも異なり、柄が大きく華やかなものは披露宴向きとなります。式典やお茶会などに出席する場合には、柄が少なめの落ち着いた雰囲気のものを選んだほうが良いでしょう。また、一つ紋を入れるケースもありますが、紋が入るとさらに格が上がるので、披露宴や格式の高いお茶会などには、紋入りのものを着ていくと良いでしょう。柄は四季を問わずに使えるようなもののほうが、用途が広くなります。