訪問着の着物の種類などをご紹介していきます

着物は見たことがあっても、訪問着といわれるとどのようなものなのか区別がつかないという人は多いでしょう。様々な種類がありますが、これはその名の通り、どこかを訪問するために着用するものを指しています。簡略化されたフォーマルウェアを指す略礼装としても着用することができ、近年では結婚式や子供の入学式や卒業式などに着用する人も増えています。そして、大きく分けると三つの種類に分けられます。一つ目が胴や袖などに裏地を付けた袷、二つ目が真夏に着用する薄い布地の薄物、そして三つ目は裏地が付いていない単衣と呼ばれるものです。それぞれに特徴があり、着用する時期なども決まっています。これから着用したいと考えている人も、その特徴を知っておきたいものでしょう。それぞれの種類の特徴はどのようなことが挙げられるのでしょうか。

袷と薄物の特徴と着用する時期について

まずは袷の特徴についてです。袷は裏地が付いていて、10月初めぐらいの秋口から5月末ぐらいの梅雨に入る前の時期までに着用するのが一般的です。しかし近年では屋内でも空調設備がしっかりと整っているので、暑い夏の時期でも、ホテルの中での結婚式や披露宴など屋内で行われる行事であれば、袷を着用する人も増えてきています。着用できる期間が長く、裏地が付いていることから着付けもしやすく、見栄えもよいので、様々な種類がある着物の中でも、もっとも初心者向けの訪問着であるといえます。そして7月から8月の真夏の時期に着用するのが薄物です。見た目にも涼しげで手をあててみると透け感が感じられます。ほかの種類のものとは異なり、下に着る長襦袢などの色や丈などが透けて見えるのが特徴です。

単衣の特徴と着用する時期について

最後に単衣です。単衣という着物は、その字からもわかるように、布地が一枚でできた裏地のない訪問着のことを指します。裏地が付いている袷を着る時期としては暑すぎるけれども、薄物を着用するには季節が合わないという場合に用いられることが多いです。洋服で表すと、上着を脱いで薄手の長袖を1枚で着用する季節をイメージすると分かりやすくなるでしょう。夏の始まる前の6月ごろと、秋口の初めの9月ごろに着用するのが一般的です。しかし近年では空調が整っている場所が多いので、6月に入っても袷を着用する人が増えています。使われている素材は袷と変わりありませんが、ポリエステルなどでつくられているものもあります。裏地が付いていないことから非常に軽く、袷よりも涼しく感じられますが、やや着崩れしやすいのが難点といえます。