訪問着の着物を着用する時やシーンについて

着物の中でも、一番着用する機会が多いのが訪問着です。準礼装や略礼装として、フォーマルなシーンからカジュアルなシーンまで、幅広く着用することができます。具体的に着用するシーンを挙げると、結婚式や披露宴、お宮参り、七五三、入学式や卒業式、お茶会、観劇、お見合い、パーティーなどがあげられます。洋装で表した場合には、ドレスとワンピースの中間のような位置付けになっています。そして着用するシーンによって、選び方が変わってきます。色柄や紋が入っているかどうか、目的に合わせて選ぶ必要があります。また着用する人の年齢や参加するシーンのフォーマルの度合い、主役との関係などによっても考える必要があります。それぞれのシーンに合わせて、どのような選び方をすればよいのでしょうか。

改まったシーンで着用する場合には

結婚式や結婚披露宴に着物で参列する場合の訪問着な選び方としては、明るく華やかにということをポイントにしましょう。古典的な柄や、おめでたい場であることから鶴のような柄も好まれています。色を選ぶときには花嫁の色を表す白や、親族が着用する黒は避けるようにしましょう。格調の高さを出すために、一つ紋が入ったものを選ぶと良いでしょう。入学式や卒業式に着用する場合には、落ち着いた色柄のものが主流となっています。主役は子どもであるため、目立ち過ぎないように注意しましょう。桜などの春らしい柄を選ぶと季節感も感じられます。もしも七五三でも使用したいという場合には、季節を問わない柄を選ぶと良いでしょう。七五三やお宮参りに着用する場合にも、子供が主役であるため、控えめなものを選びましょう。しかし地味すぎると写真に残ったときにさみしい印象を与えるので、子供が着るものとのバランスも良く考える必要があります。

その他のシーンで着用する場合には

結婚式や入学式、七五三などのような改まった場所以外で着用する場合には、色柄の選択は自由にできます。しかし、春に着用するのに秋の花の柄が描かれているようなものは避け、季節感を大事にするようにしましょう。もしも心配な場合には季節を問わない柄を選んでおくと無難です。そして年齢によって選ぶ色も重要になってきます。年齢によっては着こなしが難しくなる色もありますが、彩度の低い水色やピンクなどは、どの年齢にも似合う色であるといえます。比較的若い人が着用する場合には、明るい色のものや大きな柄が入っているものも似合います。既婚者や年齢が高い人は、落ち着いた色のものや裾の付近に柄が散りばめられたものを選ぶと良いでしょう。着物の中でも幅広いシーンに対応しているのが訪問着ですが、シーンにあった選び方をすることが重要です。

品質、価格、品揃え。お客様第一をモットーに 今日もとっておきのお着物を お届けいたします! お仕立て上がり袋帯は2万9千8百円からです。 我が社では、伝統ある京都の着物屋さんを一堂に会しているので、たくさんの着物からえらぶことができます。 ご注文された品物の発送につきましては、日本全国、および海外も対象エリアに含まれておりますのでお気軽にご注文ください。 綺麗で美しい着物と訪問着ご用意してます